スタッフ紹介

院長:小見 亨

院長:小見 亨

はじめまして。わかば名倉堂整骨院院長の小見 亨です。

大学では舞台芸術を専攻し、卒業後はダンサー・振付家として活動。 ダンスを通して多くの怪我に見舞われ、怪我で苦しんだ経験から整形外科にて健康運動指導士として勤務し、リハビリや運動指導にあたりました。

現場での思いは、もっと早く、自然な形で患者様の怪我を治したいという気持ちに変わり、 柔道整復師を志しました。

皆様の怪我の痛みや、不安は私も何度も経験しております、 どんな事でも、お任せ下さい。 治療は2人3脚、根本治療を一緒に頑張る事をモットーにしており、スタッフ全員、全力で皆様のお悩みと向き合って施術させて頂きます。

どんな症状でもお気軽にご相談下さい。

●経歴
東京柔道整復専門学校 柔道整復科 卒業

●資格
柔道整復師
ネバダ州立大学公認ピラティス指導者資格7単位

高橋 尚樹(たかはしなおき)

高橋 尚樹(たかはしなおき)

はじめましてこんにちは!
わかば名倉堂整骨院の高橋です。

僕がいまの職業に就こうと思ったのには理由があります。
僕は高校生の頃に進路で迷っていました。
その時選択肢は
・柔道整復師
・看護師
の2択でした。

母が看護師をしていたので勧められたのですが、部活で柔道をしていて脱臼をしたことがあります。

その時に整骨院の先生にみてもらい、こんなこともできるんだなと思いました。

また、地元のスポーツ少年団の指導もしていた先生で、子供達の怪我への対処する姿をみて、僕もやりたいなと思い柔道整復師になることにしました。

専門学校の同期の人とお話をすると、すごい差が出ていて、この会社の技術はすごいなと改めて思います。

みなさんの生活をもっともっと支えて、地域の皆さんが幸せになれるように頑張ります!

渡辺 晴輝

渡辺 晴輝

こんにちは!わかば名倉堂整骨院の渡辺です。
趣味はスケートボード、BMXです!

 

私がこの仕事をしようと思ったきっかけは、学生時代バレーボールをやっていて、大事な大会前に怪我をしてしまったのですが、近くの整骨院に通ってなんとか痛みが引いて試合に出れた時、整骨院の先生にとても感銘を受けたことがきっかけです。
さらに部活で腰痛にも見舞われていたのですが、整骨院に通いながらバレーボールを続けることが出来ました。

 

私と同じように「痛みでやりたいことが満足に出来ない方の役に立ちたい」、「少しでも痛みを軽減させたい」、そう思うようになりこの仕事に就きました。

皆様の怪我の痛み、やりたいことが出来ない苦しみを私も経験しておりますので、親身になり治療ができると思います。

 

患者様1人1人に寄り添ってその人にあった施術を提案させて頂きます!
何かお困りのことがあれば何でもご相談下さい!

新垣 ちなつ

新垣 ちなつ

こんにちは!
わかば名倉堂整骨院の、新垣(あらかき)です。
沖縄県出身で学生の頃はバスケットボールをしていました。

 

小中高とバスケをしていて、高校生のとき腰を痛めプレーヤーとしての道を諦めてマネージャーに専念する事になり、とても悔しかった思いがあります。
そんな時、当時通っていた整骨院の先生が私の怪我の治療は勿論、色々な悩みを聞いてくれたり、家でのトレーニングだったり沢山アドバイスをくれたりして凄く元気を貰いました。
私も怪我で悩んでいる人達の力になりたい、元気を与えたいと思い柔道整復師の道を選びました。

 

当院では特殊なローラーを使い身体に負担をかけない独自の矯正を行っています。
男性スタッフには相談しづらい、女性ならではのお悩みがある方、その人の症状によって一人一人に寄り添い施術を提案させて頂きますので、何か気になることがありましたらお気軽にご相談下さい!