テレワークによる腰痛

コロナの影響により、在宅勤務が多くなり、腰痛や睡眠障害を治そうと思い来院された。

来店動機

カウンセリング内容

痛みのでたきっかけ

在宅勤務により座っている姿勢が多くなった。

背中や腰の痛みにより、朝は4時半頃には起きてしまう状態で、身体の疲れがでていた。

どのような時痛みがでるか

寝ている時に背中や腰の痛みを感じる。

また、ランニング中に足の痺れを感じる。

身体所見と治療、経過

初回施術

背骨の柔軟性が損なわれているので、背中や腰の痛みがあるので、柔軟性を出す治療。

眠りも浅く起きてしまうので、自律神経の調整をした。

2回目施術(1日後)

多少変化はあったが痛みがあり、まだ夜間に起きてしまう。

8回目施術(初回から8日後)

しびれの症状、痛みが減ってきた。

まだ走っているとしびれる症状が残っている。

24回目施術(初回から34日後)

運動すると痛みが出たり、しびれが出たりする。

最初に比べるとほとんど気にならない。

睡眠障害の方はしっかりと眠れるようになってきた。

48回目施術(初回から2ヶ月半)

腰の痛みやランニング後のしびれがだいぶ落ち着いてきた。

何度か手術をしているため時間がかかったが、かなり改善している。

いまでは睡眠障害も特になく良い状態です。

お客様のコメント

30年以上前に椎間板ヘルニアの手術を2度経験しており、年齢とともに長時間同じ姿勢をとることが辛くなり、腰痛も出やすくなっていました。

加えてリモートワークの影響からか、背中の強張りや肩こりも強くなってきたため、HPで知った当院を3ヶ月程前に受診し通院を始めました。

筋肉調整やMPFにより背中の強張りが少しずつほぐれて、夜中に痛みで目が覚めることは殆どなくなりました。

また、効果を一番実感できているのがEMS(楽トレ)で、サイクリング、ジョギング、ゴルフのスウィング時などに必ず出ていた腰痛が出づらくなり、以前よりも骨盤の位置が安定していると感じます。

担当者コメント

手術を2度も受けて身体のバランスが悪い状態でした。

コロナの影響によりリモートワークが始まり、皆様身体の不調を感じていると思います。

治療をして身体がよくなり、卒業していただいたり、周りのお困りの方にもたくさん伝えていただけると嬉しいです。

そして、地域の方々が幸せになっていただける院を目指して、これからも頑張らせていただきます。

これからも当院をよろしくお願いいたします。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

わかば名倉堂整骨院

〒182-0003東京都調布市若葉町2-1-2-1F