30代男性:左手のしびれ、腰痛

来店動機

肘のしびれがあり、肘部管症候群と検索をかけたところ、名倉堂さんが出てきた為、来院。

カウンセリング内容

症状の出たきっかけ

仕事の作業中に肘を曲げると強く症状が出てきた。

どのような時症状が出るか

重いものを持ち上げる時に手首の痛みやしびれがでる。特に肘を曲げたときに強くでる。

同時に腰痛が少しでてきた。

身体所見と治療、経過

初回施術

手の痛み、しびれということで、肘から指先までローラーをかけ、骨盤矯正も行った。お家で出来る体操を指導した。

2回目施術(2日後)

若干ではあるが、しびれが弱まった。

痛さはまだ残っていた為、自宅での冷却を指導。

4回目施術(初回から8日後)

手首のしびれが減ってきた。

腰痛の方も治ってきた。

7回目施術(初回から30日後)

手首のしびれはほとんど無くなった。

痛みは若干残っている。

13回目施術(初回から59日後)

スマホ操作時のみしびれはある。

その他の日常動作に問題はない。

お客様のコメント

左手小指側にしびれを感じ、デスクワークがしづらくなってきた為、通院を始めました。最初の通院では骨盤の矯正を行いましたが、1回目の施術からしびれが改善していくのを実感できました。2ヶ月程度で症状が気にならなくなり、同時に元々悪かった姿勢も改善傾向であることを写真分析で確認できました。また、再発防止の効果がある、家で簡単にできる体操を教えていただけたのも良かったです。途中からは楽トレも入れ込み、より正常な体にするための施術を受けています。やや遠方からの通院でしたが、通って良かったと思っています。

担当者コメント

手首のしびれ、腰痛の治療お疲れ様です。

どちらもデスクワークをする方には出やすい症状となっています。

私達の仕事でも、同じ症状になる方は多いため、患者さんへ冷却指導をしつつ、私達も冷却をして熱を溜め込まないようにしています。

症状の変化があり良いのですが、これからもお仕事後やお風呂上がりなどには冷却を行なって、症状の再発を防ぐようにしてください。

また何かありましたらご連絡、ご相談ください。

肘部管症候群について詳しくはこちら

肘部管症候群