バネ指

来店動機

右手親指の付け根に痛みがでて、カックンとなるようになり、整形外科に行ったところ「バネ指」と診断されました。

カウンセリング内容

来院したきっかけ

整形外科では痛み止めの薬をいただいたのですが、根本治療とならないため、色々と探した結果来院することになった。

どのような時痛みが出るか

ペットボトルのキャップを開ける動作、物を持つと親指の付け根に痛みが出る。

身体所見と治療、経過

初回施術

右手の親指の付け根に痛みがあるが、肩の捻れや首の捻れなどがあったので、身体のバランスを整える矯正と、腕〜手にかけてローラーをかけた。

2回目施術(4日後)

物を持ったり、ペットボトルのキャップを開ける際は痛みがあるが、押しての痛みはなくなった。

4回目施術(初回から12日後)

右手の親指は、仕事でどうしても使うので痛みがある。

仕事後には、指導された冷却をおこなっている。

10回目施術(初回から39日後)

右手の親指の付け根の痛みはまだあるが、日により良い日がある。

ただし、沢山使ったあとは痛みが出る。

22回目施術(初回から83日後)

右手の親指の痛みはまだあるが、痛みが弱い時が増えてきた。

引っかかりもだいぶ減ってきた。

お客様のコメント

数ヶ月前より右手親指の付け根が痛くなり、曲げ伸ばしをするとカックンと跳ねるようになりました。

まずは近くの整形外科へ直行!診断結果は腱鞘炎による「バネ指」との事、痛み止めの薬をいただきましたが、根本治療にならないと考え、いろいろ探した結果、当院でお世話になる事にしました。

すべてが初めての経験なので不安でしたが、丁寧な説明と身体の内側からの施術により、徐々に快方に向かっております。

自宅からは遠距離ですが頑張って通います。

担当者コメント

「バネ指」との事で通っていただきましたが、他にも様々な問題がありましたね。

同じ職業、同じことをしていても症状の出る方、出ない方がいるように、使い方や身体の捻れは負担がすごいかかります。

体操や冷却、歩行をして身体を整えて、今後また症状が酷くならないよう、別の症状が出ないようにしてくださいね!

ただし、何かあったらまたご連絡、ご相談ください!

ばね指について詳しくはこちら

ばね指

この記事に関する関連記事